海と山の 美しい物語  ふたたび。


熊本県水俣。

水俣といえば多くの人が水俣病をイメージすることでしょう。
一度もそこを訪れたことはなくても、
教科書に載っていたモノクロ写真のイメージが水俣として記憶されていませんか?

あれから50年。自然はゆっくりと再生しています。
海は珊瑚やたくさんの魚たちが生息できるようにまでなりました。

この海には、海とともに生きてきた人々の深い愛情と悲しみと苦しみの色があります。
そして海に流れでる山々の水を守り続けてきた人々の営みがあります。

自然は巡りながら、美しい彩りを織りなしています。


水俣病の教訓を後世へつなげていくこと。
ここで漁業・農業を営む私たちが、この地の産物を自信を持ってお届けすること。
そして、美しい水俣の色を守っていくこと。


そういう気持ちをひとつに 私たちは minamata color project を展開していきます。